色彩に関する研修、講座、セミナー、コンサルティングのことなら色彩総研

色彩総研

  • トップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

ファッション・アパレルの主な研修内容

トップ企業向け研修>ファッション・アパレルの主な研修内容

確かな色彩戦略でブランド構築、売場強化を実現。

ファッションビジネスに欠かせない色の心理的効果や色とイメージの関係を学びながら、確かなブランド構築のための色彩の知識が身につくカリキュラムです。デザイナーはもちろんのこと、企画や営業ご担当者の方にもおすすめできる研修です。

対象 主にデザイナー
効果
  • ■ブランドのターゲット層やアピール層を的確に把握した色使いができる。
  • ■商品にとどまらず、お店全体のコンセプトやイメージを色で顧客に伝えることができる。
研修必要時間 5時間~
受講者の感想
  • 自分のブランドについて、カラーという切り口からも分析、検討できるということが新鮮でした。(婦人服メーカー デザイナー)
  • デザイナーに対してある程度、トータル的にカラーコーディネートしやすいように商品ラインを提案できるようになったので、販売員からも喜んでもらえました。(アパレル会社 営業)

カリキュラムの基本的な流れ
ベーシックレッスン
1
色の心理的効果
「膨張色」や「収縮色」など、色が持つ心理的効果を学び、共通用語にします。
2
配色演習(初級~上級)配色演習(初級~上級)
色の成り立ちや分類方法など、色彩の基本を身につけます。
そして、色同士を際立たせる配色や、色同士をまとめる配色など、配色のシステムとテクニックを学びます。
3
トレンドカラーの活かし方
ディスプレイやコーディネートにどうトレンドカラーを取り入れるか、検証していきます。
段階別応用レッスン
1
色とイメージの関係
例えば「ロマンティック」というイメージを表現するには、どんな色が欠かせないのか、など「色」と「イメージ」について学んでいます。
商品のデザインはもちろんのこと、例えば“カッコいいブランド”を表現する色使いを理解するなど、ブランド構築にも役立つ色彩の知識が身につきます。
2
プレゼンボード制作実習
テーマやストーリーに基づいてコラージュを作成し、プレゼンテーションを行います。更に他の人のプレゼンを見ることで、「色」と「イメージ」の関係がより深く、広く理解できます。
3
他社ブランドのディスプレイ&イメージ分析
様々なブランドのシーズンごとのディスプレイを分析することにより、自社ブランドの気付きにつながります。

ベーシックレッスンの受講で色彩の基礎知識を習得すれば、応用レッスンは必要に応じて自由に選択していただけます。また、お客様ニーズに合わせたオリジナルカリキュラムも作成します。

お問い合わせ

ページトップへ