色彩に関する研修、講座、セミナー、コンサルティングのことなら色彩総研

色彩総研

  • トップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

インテリア・店舗設計の主な研修内容

トップ企業向け研修>インテリア・店舗設計の主な研修内容

集客力アップに直結するカラーデザインを可能に。

レストランやホテルなどの空間では、カラーデザインがお店のコンセプト表現の重要な要素です。さらに照明をはじめ、バッグやコースターなど小物の色もトータルで表現する必要があります。これらインテリアに欠かせない色彩スキルが総合的に学べるカリキュラムです。

対象 主にインテリアデザイナー
効果
  • ■クライアントからの抽象的なイメージの要求に、具体的なカラーデザインをプレゼンできる。
  • ■配色システムを身につけることにより、目的に合わせた色々なカラーバリエーションを短時間で制作できる。
  • ■デザインにおいて、カラーの効果を最大限に活かすことができる。
  • ■お店のコンセプトの表現のひとつに、カラーを使うことができる。
研修必要時間 6時間~
受講者の感想
  • 研修では、興味深い資料を用意していただき、かつ分かりやすい講義だったのでモチベーションが上りました。(インテリアデザイナー)
  • 最近の女性客に人気があるお店というのはこのようなカラーデザインの仕掛けがあったのか、と納得しました。(設計事務所 役員)

カリキュラムの基本的な流れ
ベーシックレッスン
1
色の心理的効果色の心理的効果(色の面積効果など)
インテリアデザインでは色の面積効果が重要なポイントになります。
2
配色演習(初級~上級)配色演習(初級~上級)
色の成り立ちや分類方法など、色彩の基本を身につけます。
そして、色同士を際立たせる配色や、色同士をまとめる配色など、配色のシステムとテクニックを学びます。
段階別応用レッスン
1
イエローベース&ブルーベース
実践に役立つ配色方法をレッスンします。
2
色とイメージの関係
例えば「クラッシック」というイメージを表現するには、どんな色が欠かせないのか、など「色」と「イメージ」について学んでいます。
また、クライアントの要望から出た「キーワード」(ナチュラルな、元気な、など)から、カラーデザインの提案を決めていくことができます。
3
照明と色の関係
空間のカラーデザインでは、照明効果が重要な要素となります。
4
売れるお店のカラー戦略について
人気のあるお店のカラーデザイン戦略について学びます。

ベーシックレッスンの受講で色彩の基礎知識を習得すれば、応用レッスンは必要に応じて自由に選択していただけます。また、お客様ニーズに合わせたオリジナルカリキュラムも作成します。

お問い合わせ

ページトップへ