色彩に関する研修、講座、セミナー、コンサルティングのことなら色彩総研

色彩総研

  • トップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

プロダクトの主な研修内容

トップ企業向け研修>プロダクトの主な研修内容

色で顧客の購買心理をつかみ、売れる商品開発へ。

家電や生活雑貨、それら商品のパッケージまで、プロダクトの魅力を第一印象で語るには「色」が重要な要素になります。色の心理効果や時代が求める色について体系立てて学べるこの研修は、デザイナーはもちろんのこと、メーカーの企画や営業ご担当者にも最適なカリキュラムです。

対象 主にデザイナー
効果
  • ■クライアントや社内からの抽象的なイメージの要求に、具体的なカラーデザインをプレゼンできる。
  • ■配色システムを身につけることにより、目的に合わせた色々なカラーバリエーションを短時間で制作できる。
  • ■デザインにおいて、カラーの効果を最大限に活かすことができる。
研修必要時間 5時間~
受講者の感想
  • 研修を受けたことによって「この会社は、この色のイメージで商品を打ち出しているんだな」と考えるようになりました。(プロダクトデザイナー)
  • 研修中他の人の作品を見て、同じ色について自分では発見できなかった感覚があって興味深かったです。(デザイン会社 デザイナー)

カリキュラムの基本的な流れ
ベーシックレッスン
1
色の心理的効果
「膨張色」や「収縮色」など、色が持つ心理的効果を学び、共通用語にします。
2
配色演習(初級~上級)配色演習(初級~上級)
色の成り立ちや分類方法など、色彩の基本を身につけます。
そして、色同士を際立たせる配色や、色同士をまとめる配色など、配色のシステムとテクニックを学びます。
段階別応用レッスン
1
イエローベース&ブルーベース
実践に役立つ配色方法をレッスンします。
2
色とイメージの関係
例えば「クールな」というイメージを表現するには、どんな色が使用されているのか、確認していきます。
3
嗜好色
例えば家電でも白モノがブームになる時代や、スケルトンカラーが人気を呼ぶ時期など、流行の色には変遷があります。マーケットの嗜好色について分析します。
4
パッケージカラーと商品の関係
プロダクトの価値を上げ、他と差別化を図れるパッケージについて「色」の側面から探っていきます。

ベーシックレッスンの受講で色彩の基礎知識を習得すれば、応用レッスンは必要に応じて自由に選択していただけます。また、お客様ニーズに合わせたオリジナルカリキュラムも作成します。

お問い合わせ

ページトップへ